英国永住者の日常

ごく普通の英国永住者の日常の記録です。

新たなる就職面接

金曜日にとある仕事の就職面接を受けました。スカイプでの面接は初めてだったのでかなり緊張しました。
そして面接は1時間の予定でしたがとりあえず長めの時間をつたえてきたのかなと思っていましたが、きっちり1時間半ありました。(汗)
面接の時にマイクが作動しないというアクシデントがありましたが、カメラはつけたままで、電話でのインタビューになりました。



今回の面接は大きく分けて

  • 今までの経歴について。そしてそれぞれの仕事で学んだこと。今回の仕事に活かせそうな経験は何か?
  • 責任感、適応力、決断力、管理力、等六つの項目についての自己評価とそれについての自身の見解等でした。

たとえば決断力についてはそこまであるとは思わない。という答えをしましたが、その理由を聞かれ、常に自分より上にボスがいたため、自分で決める前には誰がしかの許可を得る必要があったため、自分で決めるという訓練があまりできていかもしれないと答えました。また、私的なことでもジャッジメンタルになることはよくないことだと思うので、なにか重要なことを決定する時には、即断は避け、色々調べて考慮するタイプであると説明しました。この答えはよくないかなと思いましたが、そういう性格なので仕方がないですね。
とにかく長かったので、最後の方は結構疲れていました。



それが終わってから、合格だと告げられ、10分休憩して翻訳のテストが1時間ありました。翻訳のテストは難しい内容ではなかったのですが、広告みたいな内容のものはあまり翻訳したことがなかったので、最初どういう文体で書けばいいのか悩みました。あとは人名で何人かわからない人の名前があり、カタカナ表記がわからなかったので(どう発音するのかわからない)アルファベットでそのまま書いた場所が何箇所かありました。



まだこれ以降に面接があるようですが、スカイプ面接が合格で嬉しかったです。初めてでしたし。
とりあえず、面接に着て行くような格好でスカイプ面接もしました。面接官の方が、ラップトップだったのか、カメラが顔の下の方からだったので、カメラは上に来るようにした方がいいのではないかと思いました。下からだと太って映るような気がします。(断じて面接官が太っていたと言っているわけではりません。)



これが決まると、結構出張が多くなってしまうんですが、実はそれも魅力の一つで応募しました。ただ、まだ受かるかどうかわからないのでなんとも言えませんが。最近ボランティアの面接とかもあったので、なんとなく面接慣れして来た気がします。何度も練習したほうがいいですね。それから、ここ何年かは友達のWちゃんとしょっちゅう長電話でおしゃべりするようになり、そのおかげで電話で英語を話すこともあまり抵抗がなくなってきました。以前よりかなり慣れたなと思います。家族で英語で話すのと他の人と話すのは、全然違います。



最終的に決まるかどうかわかりませんが、とりあえず今年最初の面接が合格で、このあともこの調子でがんばりたいと思います。
自分の人生ですから、自分で変えていかないと誰も手伝ってはくれないんですよね。



それから今日はクリスマスの飾りを片付ける日だったので、すべて片付けました。今日を過ぎるとバッドラックということですので急ぎました。なんか家の中が急に寂しく感じます。飾り付けるのはいいのですが、片付けるのは結構めんどいです。飾りの玉がガラスでできているので、一つ一つプチプチで包んだりしていますが、それでもときどき割れてる時があるので、大きめの箱に入れたりすると結構場所をとります。クリスマスツリーも年によってテーマカラーを変えたりするので、そのたびに飾りを買ったりするとどんどん増えていきます。去年のテーマは白と羽とパールでしたが、次はどうしましょう。一番いいのは今の時期に安くなった飾りを買うことなんですけどね。