英国永住者の日常

ごく普通の英国永住者の日常の記録です。

イギリスの文化や建物。そしてモラハラについて考えてみた

f:id:Akirara:20181129064745j:plain
ビクトリア朝の温室です。リバプールにあります。


私は子供の時からイギリスっぽい物語が好きでした。小学生の時はシャーロックホームズも全シリーズ読みましたし、ブロンテ姉妹や歴史ものも一生懸命読み漁っていました。物心ついた頃には、イギリスっぽいインテリアやファッションも好きでした。ですからイギリスに来た当初はその辺の景色、住宅地や教会など、ありふれた景色でもワクワクしたものでした。
昔はどんな感じだったのかなとかどんな人が住んでいたのかなとか図書館に行って調べたりすることが大好きでした。



ビクトリア&アルバート博物館には、ビクトリア時代のコルセットとパニエが置いてあって、実際につけてみることが出来ますが、そういうドレスなどもすごく興味があり、どんな人がどんな衣装を着ていたんだろうとか、下着はどんなんだったんだろうとか考えるとワクワクしたものです。



私の家は築100年以上なのですが、この家の代々の住人も全員知っています。代々の住人登録を発見したのです。過去の住人の1人は写真もみつけました。彼の職業も著書もみつかりました。我が家の100年前の写真も図書館でみつけました。ほとんど変わっていません。写真では家の前の道には馬車が停まっていました。
昔の職場も古い建物だったのですが、隠し部屋が地下にあったりして、探検したりしたこともあります。メイドがいた時代には、メイドや下働きの人たちのサーバントクォーターで大戦時には防空壕だったと聞きました。



イギリスってそう古い建物や歴史に興味がある人にとっては本当に面白い土地柄だと思います。
夫の生家にはチューダー朝みたいな大きな暖炉があって、現在の住民が暖炉の横の壁に戸棚を作ろうとして壁を取ってみたら、なんと暖炉の裏に秘密の図書室があったそうなのです。以前その家に行った時に図書室を見せてもらったのですが、まるで昔のヨーロッパの汽車の中のように細長い部屋に大きな本棚があってベンチがあって隠れ家みたいで素敵でした。



そして、そう言う楽しいことを書いていこうと思ってブログも始めたのですが、最近色々考えることがあって、歴史や建物や景色のことを考える事がぜんぜんありません。そして、そう言う古い建物をみても何も感じなくなってしまいましたし、楽しいことが書けないのです。



友達と話していて、最近私はかなり落ち込んでいることに気付きました。自分がブログを始めてからというもの、他の人のブログも前より読むようになりましたが、いつもなぜか夫婦関係のブログに行き着いてしまいます。ここ何年間か息苦しさを感じていたのですが、理由が判明しつつあります。
どうして、私がイギリスの生活が好きではなくなってしまったのかわかってきました。



それは、夫婦の関係に隔たりができていたからだったのです。



買い物に行って機嫌が悪くなった夫に置き去りにされたり、最近では喧嘩するたびに離婚離婚と言われたり、そう言うことがモラハラだとは全然気づいてなかったのです。夫は優しい時は本当にやさしいのですが、気分の波が大きくて面倒な男だなとは思っていました。でも、そのせいで私が自分の感情を抑えていたと言うことに全然気づいていませんでした。



キレたときにひどいことを言われたり、私の友達に対する意味不明な文句が多かったりするのですが、ご飯を作ってくれたり、買い物に行ってくれたり、いろいろしてくれるし、いろいろなことでよく褒めてくれることもあるし、モラハラとは全く考えていませんでした。友達からも優しい旦那さんで羨ましいといつも言われていました。英語をからかわれたり、聞き取れなかったりすると「なんでこんな簡単な単語を知らないの」と言われることがありましたが、「私はネイティブじゃないから分からないことがあって当たり前」と思ってからかわれてもバカにされても一切相手にはしていませんでした。



モラハラなのかもしれないと疑いだしてからは、いろいろなブログを読んだりして、かなり当てはまることに驚いています。そして私の体調不良もそこからきているのかもしれないなと考えています。何度も心臓の検査をしても動悸の原因がわからない、血液検査をしても何の異常もない。それなのに半年以上毎日動悸に悩まされています。そしてモラハラのパターンは人種や文化の関係なく同じような言動をすると言うのも興味深いです。病気なんでしょうかね?



モラハラの被害者は自分が悪いと思ってしまうようですが、私にはそれはありません。お前が悪いと言われても全く無視しています。謝れと言われても、自分が悪くないことについては絶対に謝りません。だから、私のパターンがモラハラのパターンに当てはまるのかどうかちょっとわかりません。義母からのモラハラはかなり酷くて、明らかに私と息子がターゲットでしたが、そのせいで私も息子ももう何年も義母からの電話もとりませんし、義母とちゃんと話をすることもありません。一緒に住んでいるわけではないのでさして気にしていないのです。



夫は最近私が全然話さなくなったと言います。理由はなんか言って喧嘩になると面倒だから適当に返事をするようにしていたのですが、それもよくあるパターンのようです。色々分析すればするほど、このままやっていくのは難しいのではないかと考えてしまうのです。どの説明を見ても逃げた方がいいと書いてあります。
半年ぐらい前に切れて離婚離婚と言われる前には、離婚など考えたこともなかったのですが、最近ではそう言うならそれでもいいんじゃないかと考えてしまうようになってきています。



イギリスの建物について考えたりしていた頃は、結構精神的に余裕があったのでしょうね。とりあえずカウンセリングか何かに行った方がいいのかもしれないなと考え始めている私がいます。英語でのカウンセリングってどうなんでしょうね。思っていることを全部吐き出すことができるのかちょっと不安はありますが、行ってみる価値はあるかもしれません。