英国永住者の日常

ごく普通の英国永住者の日常の記録です。

三日月と第1次世界大戦の終戦記念日

f:id:Akirara:20181112110134j:plain


今日は、息子に会いに行こうと思い、いろいろ準備をしていました。楽しみにしていたのです。話したいこともたくさんあります。
なのに、昼過ぎに電話がかかってきて、「今 ガールフレンドと昼ごはん食べてるから。今日は時間ない。」と言われてしまいました。ごめんの一言もありません。



ガールフレンドはとてもかわいい良い子なので、そのこと関しては全然文句はありません。ただ、先週から会いにくると言っていたので、ものすごく悲しくなりました。私はまだ子離れできていないのです。
大学の時は遠かったので、ターム中に会えることはあまり期待していなかったのですが、今は結構近いので、今日は夕ご飯ぐらい一緒に行けるかなと期待していたのです。



夫は色々慰めてくれて、夕ご飯も作ってくれたのですが、それでもまだ悲しくて気持ちが沈んでいたので、1人でお散歩に行きました。
5時前だと言うのに、もうすっかり暗くて寒くて、息子とスキーに行った時の夕暮れの空の色を思い出しました。三日月がとても綺麗でした。



いい加減元気を出さなくちゃいけないなあと思いながら、何か楽しいことを考えようと頑張りました。欧米向けアジア人ボーイバンド作るなら、誰が良いかな〜とか気がまぎれるようなことを必死で考えました。



教会の鐘が、ずーっと鳴っています。今日の鐘はやけに長くて、曲みたいです。綺麗な音ですが、それにしても長すぎるんじゃないの? 
何だろう?と思っていたら今日は第1次世界大戦終戦100年記念日だったようです。ミサがあったようですね。


www.bbc.co.uk


昔だったら、息子は戦争に召集されてたんだなと思うと、平和な時代に生まれガールフレンドとのんびりしていることがわかっていると言うことは、幸せなことなのかもしれないなと、ちょっとだけ元気になりました。戦争がある時代だったら、連絡も取れないでしょうから。