英国永住者の日常

ごく普通の英国永住者の日常の記録です。

英国永住者とBRPカード (6)バーコード入りの手紙が届くまで

ホームオフィスからの手紙が郵送されて届くまで、私の場合は二週間以上かかりました。

その間、申請を却下されたのではないかと不安になり、ホームオフィスに電話をしようと連絡先を探したら、BRPに関する電話番号は3つ出て来ました。全てに電話してみましたがどれも使われていないようです。

そこで結局移民局のビザの課にメールを出して、問い合わせをしたら、
「捜査はするが結果はお知らせはできないのでもう少し待つように」との返事が来ました。
この返事にどんな意味があるのか。とりあえず返事は出したからね。ぐらいの意味でしょうか。


こっちは229ポンドの手数料を払っているんですけどね


結局、よくよく考えて見たら、郵便物が10日間ぐらい全く郵送されていないことに気付きました。


ご近所さん達にも確認してみましたが、みんなジャンクメールさえも配達されていないと言っています。そこで郵便局に苦情のメールを出したのですが、メールを出した次の日に配達されました。
ただ、その日以降今まで来ていた中年の不愛想な男性が配達に来なくなってしまいました。もし、私の苦情のせいでクビになっていたら、すみません。


待つこと二週間、ようやく申請番号とバーコードが印刷された手紙が来ました。



私の場合はこの手紙に書いてあるケース番号を雇用先に伝え、雇用先の人事課がホームオフィスのサイトでその番号をチェックし、私がイギリスで働く権利があるかどうかチェックできるのだそうです。

BRPカードが到着する前に入社手続きができることになりました。その手紙の実物を見せなければ証拠とはみなされないとかで、実際に人事に見せに行かなければなりませんでしたが、早めに入社手続きをしたかったので本当にありがたかったです。